今日の鳥一話 舳倉島の鳥たち

十数年ぶりの舳倉島。
晴れが続き、しかも翌日からは雨予報の天候だったせいかな?さっぱりでした
前日には話題のフーキェンアオヒタキが抜け、鳥が動いてることは予想していましたが・・
「春の渡りは日替わり」を実感した遠征でした。
Yくん、Kさんお疲れさまでした。今度こそ納得・満足したいので、ぜひリベンジしましょう

1. 行きの船から見たオオミズナギドリ(Streaked Shearwater)。
DSC02735.jpg

2. 
DSC02734.jpg

3. 
DSC02748.jpg

4. 亜種チョウセンウグイス(Japanese Bush Warbler)
カラフトウグイスからさらに亜種分類された・・のかな?
まだ検討中とか聞いたような気もするのですが、とりあえずウグイスの亜種。
DSC02793.jpg

証拠写真にもならないような写真ですが、初見の記念なので。。
すごく素早かったです。
にわか雨の中で撮った写真で色がうまく出ていないのですが、
明らかに赤くて大きく、がっしりしていました。
顔つきや体型もやや縦に長く、イメージとしてはオオヨシキリに近いように感じました。

5. ズグロチャキンチョウ(Black-headed Bunting)。
先乗りDさんから話を聞いていたのですが、残っていてくれて良かった~
いかにも舳倉らしい鳥ですね。
DSC02828.jpg

6. 
DSC02838.jpg

7. 
DSC02849.jpg

8. 島らしく、瓦屋根を背景に。
DSC02825.jpg

9. まだ残る桜の花と。
DSC02805.jpg

10. キビタキ(Narcissus Flycatcher)。
あんまり綺麗なので1枚だけ撮りました
DSC02860.jpg

特に行きの海は凪いでおり、船酔いとは全く無縁だったのは良かったです(^-^
帰りの船では山形から来られたという鳥屋さんと話をしながら鳥見
アカエリヒレアシシギに混じるハイイロヒレアシシギや、オオミズナギドリの白変種も視認しました。

不完全燃焼だったので、来週は当たるといいなぁ。

スポンサーサイト

2017.05.07 | | コメント(6) | 野鳥

«  | ホーム |  »