今日の鳥一話 オナガ

最終日、メリケンキアシに出会うまでは、海沿いを延々と歩きました

なんてことのないコンクリートの海岸なんですが、
キョウジョ、トウネン、ハマ、ミユビなどなど・・
色んな鳥を見ることができました

キョウジョは100近くいたんじゃないかなぁ?
昨日50±の群を見て、これが生涯での最大数やわ、と勝手に思っていたので、
びっくりしました

1. 赤いミユビを普通に見ることができました
DSC08637s-.jpg

2. 
DSC08573s-.jpg

3. ハジロカイツブリが夏羽になっていました
DSC08616s-.jpg

4. もう一羽は換羽が遅いようです
DSC08586s-.jpg

そして、関東に来たら押さえておかないといけないのがオナガ

5. 尾羽の裏側も奇麗です
DSC08568s-.jpg

6. 枝をくわえています。巣作りでしょうか?
DSC08564s-.jpg

万歩計25000この日はよく歩きました


スポンサーサイト

2016.05.21 | | コメント(5) | 野鳥

今日の鳥一話 メリケンキアシ

関東シリーズも最終日

昼過ぎには帰途につかないとなので、近場で行ける所は?
と話している所にメリケンキアシ情報が!
細かい場所まで分からないけど、とりあえず行ってみます

1. 無事メリケンキアシGet
   ライファーです(^-^
DSC08738s-.jpg
キアシよりも背と下面の縞の色が明らかに濃く、鼻溝も上嘴の2/3以上あります
初列風切が尾羽より長いですし、脚が太いのはよく分かりませんでしたが典型的な個体かと思います

2. のんびり座っている所にハマシギの群が飛んできました
DSC08653s-.jpg

3~5. ハマシギと一緒に
DSC08657s-.jpg

4.
DSC08665s-.jpg

5.
DSC08655s-.jpg

6. あくび
DSC08682s-.jpg

7~9. もう1個体がこれです(奥の子)
DSC08699s-.jpg
手前にいるキアシよりも明らかに背と下面の縞の色が明らかに濃く、見た瞬間メリケンだ!と思いました
初列風切が尾羽より長いですし、嘴も一部がほんのり黄色いぐらいで概ね黒っぽいです

ただ、冬羽のためかもしれませんが下腹部の縞が少ないのと、
鼻溝が上嘴の1/2程度と、あまり長くない点が気になります
ので、この子については手持ちの資料をおさらいするまで評価保留と言うことで・・

8.
DSC08720s-.jpg

9.
DSC08713s-.jpg



続きを読む

2016.05.21 | | コメント(2) | 野鳥

«  | ホーム |  »